医院名:畑山レディスクリニック 住所:〒020-0857 岩手県盛岡市北飯岡1丁目2-8 盛岡クリニックモール 
電話番号:019-613-7004

ピル外来

ピルとは

盛岡市でピルの処方は畑山レディスクリニックへ

心と身体のバランスを整える

ピルは、女性ホルモン(卵胞ホルモン・黄体ホルモンの2種)が含まれた錠剤です。

女性は周期的に排卵が起こります。
ピルを服薬することによって排卵をコントロールする(抑える)ことができます。

ピルは含まれる卵胞ホルモンの量によって

  • 中用量ピル
  • 低用量ピル
  • 極低用量ピル

以上の3種類が存在します。

ホルモン量が少量であるほど、副作用も少なく
身体への負担が少ないとされており、安全性は高くなります。

当院ではこの3種類のピルを、患者様のお身体の状態に合わせて使い分けます。

当院のピル処方について

ピル処方の目的

避妊

避妊を目的として使用されるピルをOC(低用量ピル)といいます。
OCの処方は、保険外診療です。
避妊のご相談は、こちらで詳しく解説致します。

緊急避妊

避妊具を使用しなかった時(または避妊失敗時)に、
妊娠を防止するための手段としてピルが使用されます。
緊急避妊ピル(EC:Emergency Contraception)は、アフターピルとも呼ばれます。
ECの処方は、保険外診療です。
緊急避妊のご相談は、こちらで詳しく解説致します。

月経移動

OCは、月経移動としても使用されます。
生理を早める方法と遅らせる方法の2つがあり
生理がくるタイミングを調整することができます。
OCの処方は、保険外診療です。
月経移動のご相談は、こちらで詳しく解説致します。

治療と予防

月経困難症・子宮内膜症などの症状に対して
治療と予防を目的として使用されるピルをLEPといいます。
LEPの処方は、保険が適用できます。
月経困難症・子宮内膜症のご相談は、こちらで詳しく解説致します。

月経困難・子宮内膜症について >>>

ピル処方の注意点

副作用について

ピルによる身体の不調

身体の不調
  • 気分が悪くなる
  • 吐き気がする
  • 乳房が張りやすい
  • 頭痛の症状が出る
  • 不正性器出血が起こる

患者様によっては、ピルを服用することで、
上記のような症状が出やすくなることがあります。
特に、初めて使用する方は、症状が出やすいので注意しましょう。

しかし、副作用の症状は飲み続けると次第におさまってきますのでご安心下さい。
いずれにせよ、症状がひどい場合は早めにご相談下さい。

血栓症のリスク

血管の中で血液が固まり、循環障害を起こしてしまう症状を血栓症といいます。
ピルを使用している方は、一般の方と比べて「血栓症」になりやすいといわれています。

血栓症は

  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 下肢の静脈血栓症
  • 肺塞栓

などの病気を引き起こす原因になります。

もし、

  • 激しい腹痛
  • 息苦しさ、胸の痛み
  • 激しい頭痛
  • めまい・目が霞む
  • ふくらはぎの痛み・むくみ

以上のような症状がで始めたら、
使用を中止し、早めにご相談下さい。

もちろん、誰もが血栓症を発症するという訳ではありません。
まずは、適切な使用方法を心がけましょう。

患者様へのメッセージ

メリットとデメリットをよく理解することが大切

ピルを正しく使用すれば、女性の身体にとってメリットが多い薬です。この『正しく使用する』というところがポイントで、ピルの飲み方や服作用など、基礎的な知識を理解してから使用することが大切です。正しく使うことで初めて、私たち女性の身体を守る役割を果たしてくれるのです。

生理痛・生理不順にも効果的

『ピルは避妊の薬』というイメージが強いですが、女性のお身体のお悩みで多い、生理痛(月経痛)・生理不順(月経不順)などの解決策として効果を発揮します。

初めて使用する方は不安や疑問点も多いと思いますので、まずはお気軽にご相談下さい。